リートとは不動産投資のこと|投資家になるため把握しよう

リートのあれこれ

案内

昨今の低金利の中、話題になっているリートとは、不動産版の投資信託である。少額から投資が出来、比較的分配金も高く設定されていることから、人気が出てきています。しかし、分配金が高いということだけで食いついてはいけません。不動産特有のポイントを理解することで、うまく投資を行うことが出来るでしょう。

読んでみよう

不動産投資信託とは

グラフ

人気のある投資商品であるリートとは、多くの投資家が出資した元手で不動産を運用してその利益を投資者にバックするスタイルを取っています。経済状況でリートの価値は変動しますが、信頼できる投資信託会社を選ぶこと、空室リスクを回避するための投資を惜しまないことで利益は維持できるでしょう。

読んでみよう

資産を守る方法

女性

インフレから資産を守るためには、不動産への投資も考えるべきです。将来性のあるリートとは、収益アップで着実に分配金を増やす銘柄です。海外のリートを活用したり、ETFも活用するのが理想的な資産運用の方法です。

読んでみよう

不動産による投資信託の今

グラフ

主な特徴と仕組み

投資におけるリートとは、金融商品の1種として知られています。投資家に資金を募り、その出資者から集めた資金によって不動産を購入し、その不動産を運用して得た利益を出資者に還元する、という仕組みを持っています。こうした点からリートとは不動産投資の面を持ちながらも、法律上は集めた出資金によって金融商品を買うという投資信託に該当しています。一般的にリートとは個人で行うよりも、出資金を扱う法人によって運用が行われるケースが多いとされます。この法人が不動産を使った賃料収益や資産売買などの運用による不動産投資を行い、その損益が左右されます。したがってリートを検討する場合は、契約する法人の実績を事前に調べておく事が推奨されています。

近年の活用状況

法人を介するという点があるものの、リートとは不動産の運用性によって利益が左右される商品と言えます。そして最近ではリートによる利回りの良さが注目され、資金が集まっているとされています。また今後はマイナス金利導入に伴い、他の金融商品の利用が減る事によって、相対的に利用が増えるのではないかという観測が広がっているともされます。こうしたリートを有効活用したい場合は、今後の不動産需要を見極める事が肝心とされています。まず扱う不動産がホテルやマンションといった宿泊メインの施設なのか、あるいはオフィスビルや商業施設といった商業メインなのか、等といったタイプを判断します。その上で周辺環境でのイベント面から、その不動産の需要を判断する事が、運用利益および分配金増加に左右される事になります。