リートとは不動産投資のこと|投資家になるため把握しよう

リートのあれこれ

案内

なぜリートが注目されるか

リートとは、少額で不動産に間接的に投資が出来る商品です。一般的に不動産は利回りが高い分、大きい金額が必要だったり、管理や税金などの手続きが面倒だったりします。リートとは、投資のプロが複数の不動産を運用することで、その収益を広く投資家に還元する商品として登場しました。つまりリートとは、不動産版の投資信託といったところです。昨今のリート人気の理由は、定期預金の金利が下がったことが主な理由です。リートとは利益の90%以上を分配すれば法人税がかからないことや、長期に安定した賃料を生む不動産を投資対象としているため、収益の確度が高く、比較的分配金が高く設定されています。そのため、資金がリートに集まってきているようです。

リスクも考える

オフィス関連の不動産は、景気の変動による賃料への影響が大きいことが挙げられます。また、自然災害など予測できない要因によって、価格が大きく上下することもあります。そのため、債券や投資信託などと比較すると、値動きの幅が大きいため、投資初心者は心構えをして投資を行う必要があります。それこそ、証券化されていて少額から投資が出来ることがリートのメリットでもあるため、タイミングを分散して購入することが利益を出すコツでもあると考えます。また、リートは投資家からだけでなく、金融機関からの借り入れによって資金を調達しているため、金利が上昇してしまうと、運用のコストが上がり、収益性が低下することもあります。