リートとは不動産投資のこと|投資家になるため把握しよう

不動産投資信託とは

グラフ

リートとは、不動産投資信託のことを指します。個人投資家などから集めた資金を元に不動産に投資する金商品の一種で、証券会社等がこれらの販売を行っています。一時2008年ごろのリーマンショックで、金融商品の標準価格が世界的に下がったことは記憶に新しいところです。投資信託の中でもリートとは居住不動産を扱う商品なので、生活の中での優先度が高い分、価値が低下する可能性は低くなっています。日本国内においては少子高齢化や人口減少に転じていて不動産賃貸も借りる側が以前より少なくなっており、初期費用を安く抑えられることを打ち出す業者も出て来ています。リートからの利益を得るためには、不動産運用の上手な投資信託会社を探す必要があります。

リートとは、大勢の投資家から得た資金を用いて不動産を運用する商品であり、アメリカが発祥地ですが、現在では日本でも広く浸透しています。リート商品購入後には保有する不動産評価額の変動に伴って不動産の組み入れや入れ替えが行われることがあり、こういう場合にはリートの価値が大きく上下する場合があります。不動産の評価額はその時々の不動産市況やマクロ経済などによって影響を受けるものです。リートとは借り入れを行っている場合も多く、その場合には金利面の変化によっても影響を受けるケースもあります。さらにこれを購入する人々、つまり受給の状況によっても変わり得る性質を持っています。リートの分配金は賃料収入が元手となっている為、基本は毎月の賃貸料が入って来ることで分配金が安定的に支払えるとも言えます。経済状況によっては不動産の賃料を下げる必要がありますが、空室を出さなければ賃料が全く無いというリスクは回避可能です。空室リスクを回避するためには、不動産の修繕や設備を充実させるための投資もしっかりと行なうのが良いでしょう。